竹内想が外画「スターファイター 未亡人製造機と呼ばれたF-104」にハリー役で出演!

%e7%ab%b9%e5%86%85%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%8c

【ストーリー】
1962年の西ドイツ。仲間からの信頼も厚く、実力を兼ね備えた空軍パイロットのハリーは、飛行隊の次期隊長候補。運命の女性ベッティとも生涯を誓い、順風満帆な日々を送っていた。 しかしある日、テオが操縦するF-104スターファイターが、突然のエンジン停止で操縦不能に陥り死亡する。それ以降、隊長のディーターも空中で意識を失い死亡し、連鎖的に最悪の事態が起きてしまう。それは実に、1年間で16機が墜落する異常事態だった。オイル点検を怠っていることや、機体の劣化が事故の原因ではないかと上官に訴えるハリーだったが、上層部は一向に聞く耳を持とうとしなかった。この時のハリーには、その後自身に降り掛かる不運など知る由もなかった・・・。